鮨いとい、桐生市相生町にある日本酒好きおすすめの寿司店

鮨いといさんでは旬の魚介を赤酢を使ったシャリで提供してくれます。
お店の佇まいも落ち着いていて、まるで料亭のようなお店です。
カウンターはもちろん、お座敷もあり、ゆっくりと寛げる空間になっています。

鮨いといオススメ料理は、ウニのリゾット!
お寿司屋さんなのにリゾット?と思う方もいると思いますが、これがまたやばいくらいに酒に合う。
おちょこ2個分くらいの大きさの器に上品に盛り付けられており、言うまでも無く味は最高!

そしてなんといっても、鮨いといの売りの一つが日本酒です。
店主自ら足を運び、寿司に合う日本酒を試飲してお勧めの日本酒が1合1000円で頂けます。
お酒好きな方にはこれだけで充分すぎる程です。

鮨いといの切り盛りは若い30代の夫婦で切り盛りしていて、カウンター越しでの大将との会話は若い世代から年配層まで楽しめます。
入店してから退店まで寛いでいられるが退屈させないように気を遣ってくれて、時折りお寿司やお酒のちょっとした蘊蓄も聞かせてもらったり、とても幸せな時間を提供してくれるお寿司屋さんです。

鮨いといの価格帯は一人あたり15000円〜20000円といったところです。
少し贅沢にお酒を飲みたい方、また何かのご褒美に如何でしょうか!

店名:鮨いとい
場所:群馬県桐生市相生町1丁目607-1
電話:0277-54-2660

滋賀信楽に行くなら一水庵の和牛と松茸を食べなきゃ損

美味しい牛肉を食べるなら一水庵が確実。
一水庵は高原鉄道の信楽駅前とアクセスもよく、旅行のプランに組み込む人も多い有名店となっています。

店名:一水庵
住所:滋賀県甲賀市信楽町長野 150-3
電話:050-5597-2193

バスなどで団体客が利用することもあるため、一水庵の店内は席が多くて広々としています。

混雑時にも給仕係が大勢相手に順序よく案内してくれますが、大皿料理が多いだけに回転には多少時間がかかるものと思って行くのがベストです。
よって早く席に付きたいなら平日やご飯時より少し前の来訪をおすすめします。

一水庵の牛肉メニューは霜降りステーキやすき焼き、ローストビーフなどが人気です。
セットでついてくる野菜があり、お肉をたっぷり食べたあとでももたれにくいのが嬉しいです。

また松茸焼きに松茸御飯といった松茸メニューも評判がよく、香りのいい松茸に甘い牛肉の相性も抜群。
白いご飯をかけ込みたくなる美味さです。

お値段は2500円〜3000円前後。
決して安いとはいませんが、味は本物舌の越えている方でも満足させるお味です。

純和風の建築物に見合った素敵なお皿で食事が提供され、日本人としての心が洗われていくような時を過ごせます。
一水庵は特別な日のランチにディナーに、ぴったりです。

おてもやん、熊本市中央区下通にある地元の食材とお酒にこだわる郷土料理店

店名:熊本地酒と郷土料理 おてもやん
住所:熊本県熊本市中央区下通1丁目12−3
電話:096-285-9976

下通にある小料理屋さん、おてもやん。
熊本の食材と熊本のお酒にこだわったお店です。

おてもやん店員さんも気さくな方ばかり、1人でカウンターに座っても、また行きたくなるお店です。
カウンターが6人、4人がけ小上がりが1つ、全部で10人しか入れない小さなお店です。

おてもやんで私が好きなのは、アジ南蛮、これが絶品です。

ちょっと甘めの酢に、ちょっとダシがきいてます。
酸っぱいものが苦手な人でもおいしく食べられると思います。

アジ南蛮は、だいたいいつ行ってもありますが、基本的に料理は日替わり、本日のおばんざい、という形です。
何を食べてもおいしいので、ちょっと苦手なものでも、食べてみるとおいしいです。

お酒は、熊本のお酒しか置いてないです。
ビールとウイスキーは例外ですが。

熊本のお酒は、麦焼酎や米焼酎、あとは日本酒もあります。
熊本で日本酒、あまりイメージないかもしれませんが、結構おいしいですよ。

冬は、おでんもあります。
大胆にどーんと大きなかまぼこ、ダシが染みてて食べ応えも抜群です。

おいしいおばんざいにおでん、熊本の日本酒、書いてるだけでもよだれが出そうです。
おてもやんは狭いお店なので、予約することをオススメします。

芦屋 いちえ、庶民派のお店も多い芦屋打出エリアで人気の海鮮料理店

兵庫県芦屋市にある阪神打出駅周辺は、商店街も残っていて、庶民派のお店が多い印象です。
「芦屋いちえ」は、打出駅から南に徒歩2~3分、国道43号線沿いにあるお手頃価格でおいしい海鮮料理が味わえるお店です。

お酒と海鮮を味わうのにもぴったりですし、いちえは旬の魚を使った定食や御膳が豊富にあるので、身体によい和定食を食べたい時にも大いにおすすめです。

店名:芦屋 いちえ
住所:〒659-0025  兵庫県芦屋市浜町2-7
電話:090-4762-3633

先日、いちえにランチを食べに行ってきました。
訪れたのは11時過ぎで、来店時には殆どお客さんがいなかったのですが、少しずつ増えていき、12時前になると、かなりお客さんが入っていました。

この日は、一人でランチでしたので、カウンター席を利用。
魚を捌いている様子も見えて、カウンター席は楽しいですね。

注文したのは、いちえ定食(1100円)です。
いちえ定食には、刺身・ご飯・小鉢2つ・香の物・味噌汁と揚げ物が付きます。

揚げ物は、日替わりの数種類から選べます。
この日は、天ぷら三種、バチ海老唐揚げ、がしら唐揚げ、アジフライ、カツオフライの5種類が用意されており、私は天ぷら三種にしました。

まず、天ぷら以外の物がお膳に乗せて運ばれてきます。
魚のアラを使ったコクのある味噌汁や、鮮度抜群のお刺身などを食べ進めているうちに、メインの天ぷらが届きました。

ホタルイカ、いかのげそ、八角という三種類の天ぷらの盛り合わせで、海鮮料理屋ならではの美味しさを堪能できました。
季節ごとの海鮮を楽しめるので、ぜひまた食べに行きたいです。

いちえ、阪神電鉄打出駅の商店街を南下してすぐにある海鮮料理店

いちえは、芦屋時代のまるさん松本にいらっしゃった方が独立して店舗を構えたお店です。
まるさん松本の流れをしっかり色濃く受け継いだ海鮮料理がご自慢とあって、目から鱗が落ちるくらいの鮮度と旨みを感じられる魚介料理を味わうことができます。

とくにおすすめできるお料理は、店名を冠した「いちえ定食」で、お造りと天ぷらとごはん、魚のあらの入った大盛りお味噌汁のセットです。
価格はなんとも嬉しい1000円ぽっきりとあってこれを注文するお客さんが多いです。

とはいえ、定番メニューだけでなく、いちえは黒板にその日のおすすめ鮮魚メニューが手書きされているので、そこからチョイスするという手もあります。
個人的には、海鮮丼や、サイドメニュー(単品)のアジフライや川津エビの天ぷらなども絶賛できます。

いちえは、ご夫婦で営んでおられる小さなお店ということもあり、手厚い接客でおもてなししてくださいます。
小上がり風のお座敷席が2つと、カウンターだけですが、お昼どきともなれば、あっという間に埋まってしまうので、10:30の開店と同時に(ただし日曜日は11:00)入店すると良いでしょう。

なお、夜は予約可能ですが、ランチは不可なのでご注意ください。

店名:いちえ
住所:兵庫県芦屋市浜町2-7
電話:090-4762-3633

立ち寿司横丁 新宿西口、新宿で寿司を食べるなら立ち食いが絶対お勧め!

立ち寿司横丁は、新宿西口から徒歩数分。
ヨドバシカメラのすぐ近くにあります。

「立ち食い限定でサワー&ハイボールが190円」という看板に驚いて、思わず飛び込んでみました。

ちなみに、立ち寿司横丁は椅子有りだとごく普通のお店のお値段。
立ち食いでしか行ったことがないので、忘れてしまいました(笑)

立ち寿司横丁に入店すると、まず、「立ちですか?椅子にしますか?」と聞かれたので、迷うことなく立ちで!

寿司屋の緑茶ハイ、の文字に惹かれて、そのまま緑茶ハイ。
もちろん190円。

お寿司屋さんによくある、粉茶を溶かしたような緑色の緑茶ハイって、なんだか妙に心惹かれるというか、落ち着くというか。

海外からの観光客も多く見られ、渋くも気さくな職人さんが、さりげなく英語で注文を取っているという、どこか微笑ましい店内。

立ち寿司横丁は、寿司ネタも豊富ですが、まず目に留まってしまったのは、あての「かにみそ」280円。
お寿司屋さんのかにみそなんて美味しいに決まってる!

緑茶ハイを飲みながら、ちびちびとかにみそに浸り、何を頼もうかじっくり吟味。

個人的定番の寿司ネタをいただきながら(当然全部美味しい)、次に目に留まったのは、「葉わさび巻」100円。

結構辛いとのことでしたが、わさび大好きなのでおまかせで巻いてもらうことに。

か、辛い!鼻にツンとくる!
でも、おいしい!

緑茶ハイで飲み干すと、またつーんとくるのですが、これはくせになります。

すっかりおなかいっぱいになって、満足してお店を出ました。
立ち寿司横丁、これは通っちゃうなぁ~!

店名:立ち寿司横丁 新宿西口
住所:東京都新宿区西新宿1-18-13 近江ビル 1F
電話:03-5909-8801

和食麺処かかし 大和郡山店、奈良県大和郡山アピタにある天婦羅店

和食麺処かかしは、2016年6月、両親と一緒に矢田寺へあじさいを見に行った後に、お昼ご飯のために訪れました。
当初はもっと矢田寺に近いところで食べるつもりが、上手くお店を見つけられなかったんです。

個別のレストランを探すよりは、最終的に「アピタへ行けば間違いないか」という感じになりました。
大きい駐車場もあるため、車の置き場にも困りません。

2Fのフードコートではなく、1Fの入り口すぐにあるレストラン街へ。
平日のため、和食麺処かかしは混んでいませんでした。
年配の両親と一緒なので、和食麺処かかしにすれば間違いがありません。

冷たい麺が大好きな私。
チェーン店のようなので「何か”特別感”のあるものが食べたい!」と思っていたら、その時(年)はちょうど季節限定の冷たいおそばがありました。
洋風の四角くて白い平たいお皿に、お蕎麦が盛り付けられています。

その上に、大根おろし・揚げた(焼いた?)おナスやかぼちゃなどの夏野菜・かつお節が載っていて、最後に揚げ玉や青ネギ・白髪ねぎ・ミニトマト・細く切ったのりが散らしてありました。

ちょっとお店の「和」のイメージとは違う盛り付けに、思わず写真を撮らせてもらいました。

店名:和食麺処かかし 大和郡山店
住所:奈良県大和郡山市田中町字宮西517 アピタ大和郡山店 1F
電話:0743-54-2624