ダイソンのホット&クール、AM05ホワイト&シルバー

ダイソンのホット&クールには空気清浄機機能付きとそうでないのがありますが、空気清浄機機能の有無で3万円は違ってきます。

空気清浄機のないAM05は様々なサイトでアウトレット価格になっているので新品でも33,000円ほどで購入できます。

AM05一番のメリットはその名の通り年中使えること。
リモコンスイッチで涼風への切り替えもすぐにできます。
リモコンはマグネットがついていて本体の上部にそのまま置けます。

リモコンはかなり軽量ですが本体と同じように軽くカーブしているので意外と安定します。
ただ小さい子供さんが居るご家庭はリモコンは別置きした方が賢明ですね。

AM05は、幅20×奥行き20×高さ57.9cmとコンパクトなので場所を取りません。
重さも約2.4kgなので1台あればリビングやベッドルームに持ち運んで使用するのも手軽です。

結論を言うと、パワーはそんなに感じません。
温度設定の表示が37まであるのですが30以上に設定しないと真冬は中々温まりません。

ただ1度温まると安定した温風が心地良いです。
広範囲暖房と部分暖房に切り替えられるのでデスクに座って作業するときなどは部分暖房にすると快適です。

AM05はデザインが可愛くてシンプルなので掃除が楽なのがメリットです。
から拭きだけで充分で、むしろ洗剤は使わない方がいいそうです

唯一のAM05デメリットは電気代です。
電気代が一気に倍に増えました。
エアコンとの併用で上手に使っていきたいですね。

パナソニック製セラミックファンヒーターDS-F1204を使ってみた!

我が家では、お風呂場の脱衣場が冬場冷えるので、小型のヒーターを入れています。
放熱するだけのヒーターだとうまく温まらないので、温風が噴き出るタイプのヒーターにしています。

昨年、それまで使っていたヒーターが古くなったので、パナソニックのセラミックファンヒーターDS-F1204をアマゾンで購入しました。
家電量販店の価格も見たのですが、やはりアマゾンのほうが安かったので、そちらで買いました。
もし運悪く不良品をつかまされたら、修理ではなく買い替えるくらいのつもりでした。

DS-F1204の定格は次の通り。
100V 50Hz/60Hz 1170W/1120W。

届いたセラミックファンヒーターDS-F1204を見ると、それまで使っていたものよりも少し小ぶりでした。
温風の吹き出し口が器具の下部分にあり、ルーバーがついていて、風向きを上下に変えられるようになっています。
切り替えスイッチがあって、切-弱-強 と切り替えができます。我が家では、コンセントが心配なので、「弱」にしていつも使います。

それから、我が家では使いませんが、5時間まで設定できるタイマー機能がついています。
実際に使ってみると、形は小さいながらも、以前使っていたヒーターと温まり方は変わらないように感じました。

また、使っているうちに、器具の後ろ側についているフィルターがすぐにほこりだらけになってしまうので、こまめな掃除が必要です。
セラミックファンヒーターDS-F1204、値段の分は十分に機能しているように感じました。

パナソニックのブルーレイレコーダーDMR-BRW1000を使ってみた!

パナソニックのブルーレイレコーダーDMR-BRW1000は1TBのハードディスクを搭載したブルーレイレコーダーでコンパクトなボディのため、設置が非常に楽でした。
電源スイッチを入れてから作動までのレスポンスが大変早いことも特徴で操作性は良好です。

録画予約は番組表からできる仕様なのですが、以前使っていた他メーカーの機種では同一チャンネルで10:00から10:30までの番組と10:30から11:00の番組が番組表から録画はできず、10:00から10:29までにするなどして録画の重複を避ける必要があったのですが、このDMR-BRW1000では番組表から同一チャンネルで連続した番組を録画予約できるのが便利なところです。

またwifiと接続してタブレットなどの機器からDMR-BRW1000のハードディスクに録画したやテレビの映像が見られるという機能も大変便利です。
ただしこの機能は本体が予約録画中は使えないようです。

ブルーレイディスクへのダビングもそれなりに早い所が良いのですが、DMR-BRW1000はダビングする番組の選択操作などが前のレコーダーと比べてやや不便な部分があります。
また相性の悪いディスクだった場合トレイがオープンするという機能がなくわかりにくいという弱点もあります。
DMR-BRW1000は、トータルではwifi機能やレスポンスの良さなど使いやすい一台と言えます。

東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330で自家製パン作り。

新生活を始めるに当たり、新しくオーブンレンジを購入することにしました。
せっかくだからと思い切って多機能オーブンレンジを購入しました。
東芝の「加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330」です。

肉料理、魚料理、お菓子まで多岐にわたる料理を作ることができます。
水蒸気で揚げ物の再加熱もべとっとならず仕上げることができるそうです。

ところが、思い切って東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330を購入したのは良いものの、その後数か月は加熱・解凍にのみ使用する日々が続きました。
宝の持ち腐れ状態というのでしょうか。

ある日、
「そろそろ、パンを作ってみようかな。」
と、思い立ちました。
もともとホームベーカリーをもっていたので、お任せコースで食パンを焼いたことはありました。
しかし、せっかくなので成型パンを作ってみることにしました。

一次発酵まではホームベーカリーにお任せでパンの形に成型したのち、二次発酵、焼きを東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330を使用して行うことになりました。
レシピには発泡スチロールの箱に熱湯を入れたマグカップを入れて二次発酵を行うとありましたが、オーブンレンジを持っていたおかげで、一定の温度で安定して二次発酵を行うことができました。

焼きの行程では、余熱の時間待ちがやや長かったものの、ふっくらと焼き上げることができました。
少し気になる点があるとすれば、ER-LD330の奥側と手前側とでは、焼き加減が微妙に異なり、焼きムラができてしまうことでした。

現在では週1回は必ずオーブンレンジを使用してパン作りを行っています。
思い切って購入した東芝加熱水蒸気オーブンレンジER-LD330のおかげで、毎回同じクオリティのパンを焼くことができ、旦那さんもおいしいと言って食べてくれいています。

ダイニチハイブリッド式加湿器HD-5016を購入してみた!

部屋が乾燥するので、新しく購入しました。
何種類かのサイズがありますが、適用床面積が木造和室、8.5畳までというのでこの製品に決めました。

HD-5016の外見はシンプルでスタイリッシュなので、加湿器に見えないので、部屋の片隅においてもインテリアと調和して違和感ありません。
大きめなデジタル表示で少し離れていても、ひと目で部屋の湿度が分かるのも良いですね。

加湿器というとモクモクと水蒸気が出てくるイメージがありますが、このHD-5016はハイブリッド式加湿器なので水蒸気が出ませんし、吹き出し口も熱くならないので、見た目もやさしく、手が触れても安全です。
しかも「気化式」と「温風気化式」を自動的に切り替えるので、素早く加湿ができるし、電気代に無駄がなく経済的ということです。

加湿器は一日中動かすので、音も気になるところですが、HD-5016は静音モードを選ぶと、とても静かで、夜間同じ部屋に寝ていてもまったくモーター音は気になりません。
加湿モードは、50%、60%、70%の他に、のど・肌加湿モードがあり、室温に応じて自動的に湿度を調整する機能が付いていますので、細かく設定することはありません。
HD-5016は水を入れるタンクの容量が4リットルなので、女性にはちょっと重いかな。

SONY液晶テレビ、ブラビアKDL-40W600Bを使った感想。

引っ越しに伴い、SONYの液晶テレビ、ブラビアKDL-40W600Bを平成26年3月に某家電量販店で購入しました。
すっきりしたデザインで圧迫感もなく、見た目はとても良いと思います。

ブラビアKDL-40W600Bには、様々なアプリが内蔵してあり、youtubeやニコニコ動画を大画面で見れますし、映画配信サービスのU-NEXTも一時期利用しました。
それまでが古くて小さいテレビだったのもありますが、いろいろな楽しみ方ができるのがいいと思いました。
画面はとてもきれいだと思いますが、立ち上がりが非常に遅いのと、ブラビアKDL-40W600Bのリモコン操作の反応が遅いのが少し難点だと思います。

あと、購入後1年と少し経った頃に急に画面が映らなくなりました。
普通に見ていたら急に電源が切れ、その後電源を入れても映像が映らず音声のみ聞こえる状態になり、数秒後に電源も切れました。

修理をお願いすると、基板不良という事で交換となりました。
新品を購入してまだ1年と少ししか経っておらず、また1年保証が切れた直後だったのでがっかりした気持ちになりましたが、ネットなどでブラビアKDL-40W600Bの評価を見てみるとこのような事はソニー製品には割と多いようです。

現在購入して丸2年ですが、それ以降は特に不具合は起きていません。
値段はお手頃だったので、このようなものかなと思って使っています。